人と人を繋ぐ手仕事の温もり 善光寺びんずる市

PCまなぶ妻です。

6月~11月の第2土曜日に行われている善光寺びんずる市。

もともと、雑貨屋さんめぐりや手作り品の温かみが大好きなこともあり、

9月に娘と出掛けて以来、私たちのお気に入りの場所となっています。

20151110r66

善光寺びんずる市って?

昔は当たり前であった地域のコミュニティーや交流の場としてのお寺の役割を再認識してもらおうと、

2013年、びんずるさんの300歳をお祝いして、手づくり市がはじめられたそうです。

こだわりの手仕事が広がって、人と人が繋がっていく『ご縁の場』であってほしいとの願いがこめられているそうです。

県内外から、ジャンルを問わず手仕事に情熱を掛けた作家さんたちが集まり、出店されています。

善光寺の趣と手づくり市の異色のコラボ

お寺の趣と境内に軒を連ねる手づくり市がコラボして、

なんとも新しい雰囲気を醸し出しています。

新潟より初出店となる『torico』さんのアクリル絵の具を使った雑貨の数々。

20151110r60

なんと東庭園では野点の席まで設けられています。お菓子付きで¥300です。

20151110r61

 

ブームに乗り、いつも賑わいを見せている消しゴムハンコのお店『ハンコ屋roll』さん

20151110r62

オーダーを受け、店主の原田さんは、「ゆっくり こつこつ 手づくり」をモットーに掘っています。

20151110r63

ペットボトルで作る飛行機のお店 『木村屋』さん・・子どもだけでなく、昔、プラモデルで育ったお父さん達からも大人気!

20151110r64

個性豊かな、ぬいぐるみが揃う『Ne Ne Shop』さん

20151110r65

我が家にもチュー太郎を連れてきちゃいました。

20151110r68

まとめ

皆さん、ご自分の好きな手仕事に取り組んでいるせいか、嬉々として活動されています。

素敵な品々に触れるばかりでなく、毎回、そんな人々のエネルギーを頂いて、清々しい気持ちになります。

明日11月14日(土)は、今年度、最後の善光寺びんずる市です。

ご興味がおありの方は、ぜひ、足を運んでみてください。

デバック用: FB:0 TW:0 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 0  このエントリーをはてなブックマークに追加