【物味湯産手形2018年度版】温泉手形で入ろう!信州の温泉が12回で1300円

新しい年度の記事を執筆しました。温泉によく入る方は、ご利用ください。

信州・長野県観光協会では、1300円(税込)で12回温泉に入ることができるクーポンを販売しています。

毎年4月1日に新しいものが販売されます。

購入日から1年間有効です。新しい年度だから便利になっているものではありません。使いたくなった時に購入下さい。

長野市の方もお得に川中島温泉も利用可能!

長野市に住んでいるなら、川中島温泉と松代壮温泉に行くと思います。

両方の温泉に入れば川中島温泉の700円と松代壮温泉の600円で元が取れます。

購入方法

手形で入ることができる温泉なら、物味湯産手形クーポンを販売しています。

手形を最初に使う温泉で購入ください。

正式名称は、『物味湯産手形クーポン』(ものみゆさんクーポン)

新しい冊子は、オレンジ色です。赤が2016年版です。

  • 入ることができる温泉は、全49施設
  • クーポンが利用できるのは1冊につき1施設1回のみ
  • 有効期間は、購入日から1年間

STEP1:物味湯産手形を購入しよう

手形を使うことができるお風呂屋さんで購入しましょう。他にも観光協会などで販売しています。

私は、松代壮で購入しました。当日、使えます。

詳しくは、『物味湯産手形販売所』を参照ください。

STEP2:温泉にはいりまくろう

手形入浴施設は、私の作成した地図が一番わかりやすいです。

手形入浴施設一覧

番外:割引入浴協賛施設や特典協賛施設も利用しよう

以下の5つのエリアに分かれて紹介されています。クリックしてお探しください。

北信濃エリア / 日本アルプスエリア / 東信州エリア

伊那路エリア / 木曽路エリア / 諏訪エリア

20160113r08

 

裏技:複数枚を購入しよう!

同じ施設では、1回しか利用できません。しかし、裏技として、手形の数だけ同じ温泉に入ることができます。

よって沢山温泉に行く人は、複数冊もっていればいい訳です。

この手形は、1300円のため、3箇所の温泉に入ればほとんどの場合元が取れます。

よってこの裏技は、1つの手形で3箇所以上温泉に入る方に有効なテクニックです。12施設は大変ですが3箇所入ればいいと思えば、手軽に元が取れます。

別の人が使ってもいいので、多めに所持していた方が、その都度現金で払うよりお得です。

2018年度版から新たに使える温泉施設

  • かじかの湯
  • 桜の湯
  • 羽広荘
  • 川中島温泉テルメDOME

2017年度版は使えて、2018年度版だと使えない温泉施設

  1. 昼神グランドホテル天心
  2. ひるがみの森
  3. 満願成就の湯
  4. やまゆり荘
  5. 四徳温泉
  6. ねざめホテル
  7. 岡谷健康福祉施設 ロマネット
  8. 大町市コミュニティセンター上原の湯
  9. 小海リエックス
  10. 春日温泉 かすがの森
  11. おぶせ温泉あけびの湯

まとめ:たくさん温泉に入ろう!

1回600円なら躊躇しますが、108円ならガンガン入る気になれます。便乗して観光も含めて楽しみまくりましょう!

 

使いやすい!2018年度の地図(自作)

今年度のオレンジ色の物味湯産手形クーポンをお持ちの方は、こちらをご利用ください。

手形入浴施設一覧

使いやすい!2017年度の地図(自作)

前年度の物味湯産手形クーポンをお持ちの方は、こちらをご利用ください。

手形入浴施設一覧

割引入力協賛施設や特典協賛施設は、以下の5つのエリアをクリックしてお探しください。

北信濃エリア / 日本アルプスエリア / 東信州エリア

伊那路エリア / 木曽路エリア / 諏訪エリア

20160113r08

関連URL

【2017年度版】温泉手形で信州の温泉に入ろう!12の温泉を利用して1300円

20160406r13

 

物味湯産手形(クーポン)公式HP 

20160113r12

デバック用: FB:0 TW:2 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加