その他

レビュー Mini ITXでGeForce RTX 3080

動画版作りました。

GeForce RTX 3080が到着したので、早速Mini ITXでGeForce RTX 3080を動かしてみました。

今回作ったのは、Ryzen 3100ですが、Ryzen 5000シリーズもできるし、Intelも可能です。

夢が広がりまくりです。

環境について

一つ一つ厳選しました。

ケース:長尾製作所 N-FRAME-ITX オープンフレーム ver.mini-ITX

今回のキーとなるのは、ケースでしょう。

ITXケースでは、すごく珍しく3スロットあります。

オープンフレームのため長さに制限はありません。

 

電源:Corsair SF750 -PLATINUM- 750W PC電源ユニット

次に電源です。GeForce RTX 3080の推奨電源は、750Wです。ITXの場合は、SF750で決まりです。

大きさから創造できないほどの静音電源です。80PLUS PLATINUM認定取得。高出力なSFX電源と言えば、これです。

グラフィックカード:お好きなGeForce RTX 3080を

N-FRAME-ITXとSF750の組み合わせなら、どんなグラフィックカードでも大丈夫です。

ただ、3スロット占有すると、空気の流れが少し悪くなります。

※グラフィックカードを縦置きもできるので、縦置きにすれば良いかも

私は、ZOTACが好きなので「ZOTAC GAMING GeForce RTX 3080 Trinity」を購入しましたが、辞めた方がよいと思っています。

その理由は、強度です。ZOTACは、4枚目ですが、物理的な強度が最弱のビデオカードでした。

2か所を普通に持つだけで曲がります。

くれぐれも、触らないようにしてください。

M.2

Ryzenで高性能を目指すならPCI Express Gen4 x4対応の高速SSDが良いです。

詳しくは、『10月下旬にリード最大7000MB/sの高速M.2 NVMeが発売!Ryzenに最適なSSDは、M.2 NVMe PCI-E Gen4』をご覧ください。

3社のM.2を購入し、比較しました。色は違いますが、中身は同じでした。

 

Intel系であったりコスパを気にするなら『コスパ最高‼格安NVMe Crucial M.2 P2』です。

 

もう少し高性能がよければシリコンパワーです。

コスパ最高!レビュー SP NVMe SSD 512GB 7,867円

 

憧れのハイエンドNVMeSSDです。高性能ながら、価格も抑えめなのでオススメです。

Ryzen 5000シリーズの場合

マザーボードに変更なくX570かB550を使う。

メモリも変更なし。

ただCPUクーラーがないので準備する必要があります。

水冷28cm以上か空冷が推奨として指定されています。

詳しくは、『AMD推奨の空冷クーラー Ryzen 5000シリーズにも最適』をご覧ください。

CPUは、11月5日発売です。

詳しくは、『Ryzen 9 5950Xが11月5日に発売!AMD Zen 3 Ryzen5000シリーズの詳細』をご覧ください。

Ryzen 3000シリーズの場合

これから買うならRyzen 5000シリーズですが、既に持っている場合は、買い替えるほどではありません。

マザーボードその1:X570 I AORUS PRO WIFI

X570だと、オーバースペックかもしれません。B550が発売していない時に買いました。いまならB550が良いでしょう。

マザーボードその2:B550I AORUS PRO AX

B550が一番バランスが良さそうです。

新製品 GIGABYTE B550I AORUS PRO AX AMD B550チップセット搭載 Mini- ITXマザーボード

CPU:Ryzen 7 3700Xがベストか

12コア以上になっても、ゲームには関係ないようです。

それなら8コア 65WのRyzen 7 3700Xがバランスが良さそうです。

メモリは3600MHzで決まり

詳しくは、『Ryzen 第3世代に最適なメモリは3600MHz CL16』をご覧ください。

Intelの場合

明日追記します。おやすみなさい。

-その他

© 2020 PCまなぶ