Ryzen

その他

MSIのBIOSをアップデートする

2020/2/25    ,

いつも条件反射で実施しているBIOSアップデートを丁寧に説明しました。

その他

作成方法 AMD Ryzen 3950X でNVMe PCI-E Gen.4 RAID 0を構築する

2020/2/25    

RAID用のドライバーが必要なところが楽しいです!

Windows

長尾製作所 N-FRAME-ITX オープンフレーム ver.mini-ITXで12コアの最強パソコンを作る

2020/2/15    

ついに夢のパソコンが完成しました。

Windows

長尾製作所 N-FRAME-ATX オープンフレーム ver.ATXで16コアの最強パソコン

2020/3/18    ,

動画版も作りました。

ハードウェア

ついにIntelが値下げ!第3世代Ryzen 9 3950Xの登場によりCPUが買い時❣

2019/12/17    ,

Intelの値下について追記しました。

その他

第3世代Ryzenと最適なビデオカードは、Radeon RX 5500 XT 8GB⁉️

2019/12/13    

GTX1660 Tiをポチってしまった私ですが、GeForce GTX 1650 SUPERが発売されてしまいました。

Windows

オープンフレーム ver.mini-ITXをL字電源端子でお洒落にする

2020/1/5    

L字コネクタを使えばお洒落度アップです。

Windows

長尾製作所 N-FRAME-ITX オープンフレーム ver.mini-ITXの前面にUSB3 端子を追加する

2020/2/7    

ちょっとした工夫で使い勝手が良くなります。

その他

「Reboot and Select proper Boot device」の対処方法

2019/12/6    

今回は、対処方法のほんの一例です。

Windows

Ryzen Masterでエコモード・オーバークロックを楽しむ

2020/2/25    

オーバークロックは、初期値なら何も考えなくて出来るので簡単ですが、自分の意志でコントロールすると難しいと感じました。

ハードウェア

Ryzen 9 3950Xが2割値下げ!複雑なCPU事情を整理する

2020/10/21    

過去のCPUは、価格がそのままに処理能力が向上していますが、ここ2年間は価格と性能の双方が極端に上がっています。

Windows

Mini-ITXで3950Xと28cm簡易水冷を両立する!小型・超高速マシンを作る

2019/11/28    

750W電源、高性能グラフィックカード、50GbpsのSSD、超小型と萌え萌えです。

その他

10年以上使えるCorsair RM650x電源を購入しました

2019/11/26    

ATXでパソコンを作るなら、RM650xクラスが良いでしょう。

その他

第3世代 Ryzen Mini-ITX 小型・高性能パソコンに最適⁉️RAIJINTEK METIS PLUS

2020/10/7    ,

排熱問題に悩まされたRAIJINTEK METIS PLUSですが、ついに解決しました。

その他

レビュー ZOTAC GTX1660 Ti AMP

2020/3/8    

ビデオカードは、ほとんどの方がGTX 1660クラスで大丈夫です。

その他

CPUファンの回転数を調整する!X570 Mini ITX GIGABYTE I AORUS PRO WIFI

2019/11/22    

CPUファンの回転数は、簡単に変更できるので、記載します。

その他

X570 Mini ITX GIGABYTE I AORUS PRO WIFIのイルミネーション を変更する

2019/11/22    

今回は、Windowsのライトモードを意識して明るめのブルーにしました。

その他

G.Skill Trident Z NeoのRGBイルミネーションを自由自在に変更する

2019/11/22    

Ryzenを使う限りは、G.Skill Trident Z Neoでイルミネーションを使いこなしましょう。

その他

悲報 Mini ITXでRyzen 9 3950X利用は不可。ただしエコモードなら可能

2019/11/18    

Ryzen 9 3950Xの性能を120%発揮するには、AMDが推奨するものにする水冷クーラーを導入する必要があります。

その他

Ryzen 3000シリーズのエコ モードでTDP105W・95Wが65Wに!

2019/11/9    

今回の一番のメリットは、無料でダウンロードできるアプリ「Ryzenマスター」を使ってボタン一つでTDP値を変えることができることです。

© 2020 PCまなぶ