比べてわかった!防寒用手袋 ダイローブ102と102Fの違い

過酷な冬の現場で大活躍した102F

愛用者が多いだけはあります。

スキー場の現場を見て、一番多いのがダイローブ102F。

次に102でした。今度は、102を試すこととしました。

102と102Fでは、ファスナーが「ある」・「なし」以外にも大きな違いがあります。

20160218r804

一番の違いは、インナーが取り出せるか否か

102Fは、インナーが取り出せます。

20160218r758

102は、インナーが取り出せないため、乾かすのに苦労しそうです。

102は、インナーがふさふさ

他にも違いがあります。102Fは、布状のインナーです。

対して102は、アクリル製のふさふさなインナーです。

20160218r806

102を、もう少しめくると、黄色い部分から白い部分になります。

ふさふさ感は、少なくなりますが、102Fよりもあります。

20160218r807

まとめ:フィット感はいいけど、乾くのに時間がかかる102

102と102Fでは、メリット・デメリットがあり甲乙つけがたいです。

フィット感は劣りますが、乾きやすさから102Fに軍配があがるでしょう。

102F

102

関連URL

冬場作業必需品:防寒用手袋 ダイローブ102F

   このエントリーをはてなブックマークに追加