トップページの離脱率について

Google Analyticsを使用すると、参照した場所と次回以降参照した場所を統計的に把握できます。

確認方法

Google Analyticsでログインし、「ユーザーフォロー」をクリック

私のサイトは、かなりまずい状態です
1カ月間の間に1860人が訪れ、98.1%の方が別のページをクリックしていません。

離脱率とは

私のサイトは、98.1%の方が閲覧をやめたか、Google Analytics管理外のサイトをクリックした意味です。このパーセントのことを離脱率といいます。私のサイトは、すべてのページに「Google Analytics」を導入したため、リアルな数字だと思われます。

さらに原因をしらべるために、「(ホーム)」クリックし「グループの詳細」をクリックします。

すると、各ページの離脱率がわかります。初期値では、訪問数が多い順に表示されます。

訪問者の多いページに対して、対策をとることにより、改善します。

トップページを意味する「/」(141件)の離脱率が高いのは、「アイキャッチ画像」がないことも要因のひとつです。早速、アイキャッチ画像を入れることにしました。

改善前 改善後

アイキャッチを入れることは、簡単でした。

トップページの離脱率が下がるといいなぁ

   このエントリーをはてなブックマークに追加