AVANTEK 吸盤式 車載タブレットホルダー フロントガラス用 幅7.5-10インチ Tablets iPad Air mini用

7.5インチからとありますが、Nexus 7含むほとんどのタブレットでケースを付けたまま脱着できました。

iPad Airでも、4cmほど余幅がありますので、さらに大きなものも着けれそうです。

20150312r103

検証したタブレット

どれもぴったりフィットしました。

  • ・iPad Air
  • ・iPad mini Retina
  • ・Thinkpad 8
  • ・Nexus 7(純正ハードケース)

特徴

フロントガラスに着けるタイプ。三角窓も出来ました。

強力吸盤と書いてありますが、至ってスタンダードな弱めの吸盤。ガラスには十分な吸着力。

伸縮可能な二本のアームでつけるタイプ。

マウント部分には柔らかいゴムパディングを使用
⇒ほど良いフォールド感でした

マウント上でタブレットを360度回転可能。角度も自由

吸盤は、お湯ですすぎ、空気乾燥すると、新品同様の状態に戻るそうです。

質感は、お値段相応。そこそこです。

パッケージ

スタンダード的なものですね。

20150312r105

付属品。2つだけです。

20150312r106

フロントガラスなどに固定するには、PRESS部分を押しながら、レバーを手前に引きます。

20150312r107

フロントガラスに固定できたら、レバーを回し角度を固定します。尚、タブレットの重さに耐えられるように、スマホ用よりも強度を増しているように感じました。(主観)

20150312r108

360度自由に回転できる部分。タブレットを接続してから調整した方が良さそう

20150312r109

まとめ

手ごろなお値段で、タブレットをしっかり固定できるのは大きな魅力です。

ガラスでないと脱着できないところが評価の分かれ目です。

私も様々なスマートフォンを使ってきましたが、すべて三角窓につけていました。

中途半端にダッシュボードでも使えると記載するよりも、今回のようにガラス専用にした方が良いかもしれません。

デバック用: FB:0 TW:0 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 0  このエントリーをはてなブックマークに追加