Quick Charge 2.0対応!ワット数・充電時間・容量まで測定できるRT-USBVAC3QC

バッテリーチェッカーと言えばルートアールが定番ですが、意外にもQuick Charge 2.0の測定ができませんでした。

大人気チェッカーRT-USBVAC2の後継機として、RT-USBVAC3QCが登場したので紹介します。

違いは、「9Vと12Vの測定ができるか否か」と「充電専用か通信もできるか」です。

720150916r101

Quick Charge 2.0の注意点

充電ケーブルは、通信もできるケーブルを使用してください。充電専用のケーブルだと、従来の5V充電になります。

720150916r97

従来の電流チェッカーでは、ワット数を自分で計算する必要がありました。

また充電時間や充電した容量を測るのも困難でした。

RT-USBVAC3QCは、様々なものが測定可能です。

720150916r98

使い方について

常に電圧と電流は、表示されます。他の表示は、表示モード変更をしたり、その時の状態によって変わります。

20150312r20

表示モード変更方法

ボタンを押すと、表示モードが変わります。

積算電流値モード 消費電力モード 積算給電時間モード
20150312r22 20150312r21 20150312r23
積算電流値がmAh単位で表示 ワット数が表示 秒単位で表示

IN/OUT表示について

電流の有無でIN/OUTの表示が変わります。

電流が流れている時 電流が流れていないとき
20150312r26 20150312r27

ページ切替方法

STEP1:ボタンを素早く2度押すと、点滅します

STEP2:点滅した状態でボタンを押すと、ページが変わります

STEP3:点滅した状態で素早く2度押すとページが固定されます

リセット方法

ボタンを5秒押すと次のページに移り、移り先の積算電流値や積算給電時間がリセットされます。

20150312r28 20150312r29

検証結果1 iPad Airで2.3A流れました!

Anker Astro E4 - RT-USBVATM - iPad Air で検証しました。

2.29Aとまずますの結果がでました。

20150312r15

「RT-USBVATM」 と 「RT-USBVAC3QC」比較:どちらが良いか

RT-USBVATM(青色)、RT-USBVAC2(黒色)どちらを選べば良いか良いか迷う人もいるでしょう。違いを記載します。

RT-USBVATM RT-USBVAC3QC
表示切替の有無 スイッチによる
表示切替なし
スイッチによる
表示切替あり
経過時間 分単位まで 秒表示あり
ワット表示 なし あり
ページ切替 なし あり
測定範囲 3.5~9.0V 3.5~15.0V
 Amazon

まとめ:完成度が高まった!

12Vまで対応したこと。通信もできるようになったことから、現在の最高峰と言えるでしょう。

詳細の情報が欲しい場合は、本製品。シンプルに使いたい場合は、RT-USBVATMが良いでしょう。

 

関連URL

【まとめ】電流チェッカーと言えばRoute R(ルートアール)

20140813r314

   このエントリーをはてなブックマークに追加