【トラブル解決】STIHL M-tronic搭載機のリセット

林業のプロ向けモデルであるSTIHL MS 201 C-Mを購入しました。購入したばかりにも関わらず、回転を上げるとかぶるように突然止まってしまいました。

何度試しても変わりません。修理に出したところ故障ではなくM-Tronicという最先端の電子制御装置が原因でした。

最新式のSTIHL製品には、M-Tronicが備わっています。

M-Tronicとは

M-Tronicとは、使用状況に合わせて適切に燃料と空気の混合比を電子コントロールするシステムのことです。なんと、高度、燃料グレード、エンジン温度の環境変化を自動的に分析し、最適化します。

メモリー機能もついており、最後に使用した設定状況を記憶します。

厄介なことに学習を誤ると、急にエンジンが止まるようになってしまいます。リセットして解決します。

リセットすることで絶不調から、超快適な状態にまで改善しました。

20150718r47

M-Tronicリセット方法

マスターコントロールレバーを[▲]に移動し、エンジンをかけて90秒待つ。

マスターコントロールレバーとは、[O]-[I]-[▲]があるスイッチの部分のことをいいます。通常は、[I]の部分にスイッチがあります。

20150718r48

スイッチの意味

O:ストップ
I:通常運転位置
▲:スタート位置

スタート位置[▲]に移動するには、トリガーロックアウト(A)を押しながらスロットルトリガー(B)を押します。(A)と(B)を押したままの状態でスイッチを[▲]移動し、(A)と(B)をはなします。

20150718r50

あとは、通常通り、エンジンをかけて[▲]の位置を保持したまま90秒待ちます

超快適な状態に戻りました。

まとめ:必須知識だがマニュアルには書いてない

私のように90秒放置で解決できる方がいると思われます。

この作業を知らないと、いろいろ触ったり迷った後に修理に出すことになります。とても重要なことにも関わらずマニュアルには書いてありません。

英語のサイトを探しても、一言だけ助言程度に書いているところがあるくらいです。

関連URL

Amazonチェンソー一覧

楽天チェンソー一覧

レビュー 林業入門者にも最適!STIHL MS 201 C-M

20150702r103

 

   このエントリーをはてなブックマークに追加