Windows 10 必要に応じてスタート画面を復活させる

デスクトップやノートパソコンであの悪名高いスタート画面を復活させる人はいないでしょう。

しかし、タブレットユーザーであれば、スタート画面が便利です。おそらく初期値でも有効です。

問題は、Surface Pro 3のような2 in 1の場合です。

キーボードを使わない場合は、スタート画面。キーボードを使う場合は、スタートメニューがいいんです。

そこで今回の出番!必要に応じてスタート画面を復活させましょう!

20140928r34

操作方法

タスクバーを右クリックし、プロパティを選択

20140928r48

「スタートメニュー」タブを選択し、「Use the Start menu instead of the Start screen」のチェックを外します。

20140928r55

尚、ここでは、最近開いたプログラムやファイルを表示するか否かの設定もできます。ジャンプリストと連携しているので要注意です。

20140928r51

Windows 8.1の場合は、タブ名が、「ジャンプリスト」です。

新しいWindows 10は、「ジャンプリスト」タブがなくなり、「スタート画面」タブに、統合されます。

20140928r52

尚、カスタマイズを押すことで、スタートメニューの表示内容を設定できます。

20140928r53

スタートメニューも進化しています。スタートメニューについては、別途詳しく説明します。

20140928r54

まとめ:スタート画面は、健在

Windows 10の登場によって、スタート画面とおさらばしたい人も多いとおもいます。

しかし、根本を思い出しましょう。スタート画面は、タブレットに最適化されたインターフェースです。これからタブレットがノートパソコン以上に普及します。

いらないと騒いでいたものが、これから必要になる!皮肉なものですね!

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加