81台までインストールできる!マイクロソフト純正のWindows DVD プレイヤーを試す

安価なスティックPCや自作のデスクトップパソコンでDVD再生をしたくなりました。

早速、結果を報告をします。

20160218r774

DVDプレイヤーを再生する6つのパターン

  • あらかじめインストールしてある再生ソフトを使う
    メーカー製パソコンの場合
  • 無料の再生ソフトを使う
    広告がウザイ
  • 有料の再生ソフトを買う
    高性能だがお値段が高く1台のみ
  • マイクロソフトのWindows DVD プレイヤーを使う
    1500円と比較的お手頃。
  • DVDドライブ付属の再生ソフトを使う
    下手にソフト単品で買うより安い

以下の2点の理由から、今回はマイクロソフトのWindows DVDプレイヤーを試します。

  • 今回は、様々なパソコンでDVDを再生をしたいこと
  • DVD再生は、ライセンス料がかかります。無料再生ソフトだと広告などがウザイこと。

表題の81台の信ぴょう性は、謎

81台は、「Windows 10でDVDの再生環境を用意する - Windows DVD プレイヤーのインストール方法と使い方 | できるネット」に明記されているものをパクらせて頂きました。

英語サイトも含めて81台できることを探しましたが、見つかりませんでした。

個人的にもインプレスは、信頼しているため、採用とさせて頂きました。

同じマイクロソフトアカウントである必要があります。

実施方法

まずは自作デスクトップパソコンで試します。

インストール時間は、少ないです。

ただし、お金を支払うためクレジットカードが必要です。

20160218r770

「DVD」と入力後、「Windows DVD プレイヤー」をクリックします。

20160218r771

「Windows DVD プレイヤー」をクリックします。

20160218r772

1500円をクリック。クレジット番号の入力に進んでください。

20160218r773

基本的な機能だけ備わっていますが、ユニバーサルアプリのため、動きはもっさり。だいぶレベルダウンしています。

20160218r774

DVDプレイヤーの動作がもっさりしていますが、DVD鑑賞するには、十分です。

20160218r775

ステックPCを2Kモニターの環境で再生すると...

マウスコンピューター スティックPC MS-CH01Fで再生しました。動画再生支援機能があるだけあって、超スムーズに再生できました(^-^)

インストールも、すぐ終わり、再生アプリも、通常のデスクトップマシンとほとんど変わらない程度でした。

同じマイクロソフトアカウントを使用したため、料金の追加はありませんでした。

まとめ:DVD再生アプリはないよりもマシ。81台まで使える!

DVDの再生にはライセンス料が発生しますので、有料化は仕方がないかもしれません。しかし、Windows 8.1時代に比べもっさりしているため、がっかり感が強いです。従来のクオリティにまで改善して欲しいです。

DVD再生プレイヤーソフトがないと、DVDドライブでDVDビデオディスクにアクセスしたときに、DVDドライブが壊れた時のような再読み込みが頻繁に発生します。

↑壊れたと思って、かなり調べました。単に再生ソフトがないことが原因でした

1,500円で一生使えるので、買ってもいいでしょう。
※Windows 10が最後のOSとマイクロソフトが言っておりますので...

いまどきの必需品!Qtuo USB 3.0 外付型 DVDドライブ

20160113r20

 

   このエントリーをはてなブックマークに追加