【Windows 8.1】超便利な新機能 無線によるHDMI出力

Windows 8.1から標準で、ワイヤレス HDMIをサポートしました。

動作確認機種

以下は、全て実施できました。2年ぐらい前のモデルからのような気がします。時間を作って3年前のパソコンでも試します。

※もちろん多くのAndroid系でも出来ますよ!

まずは、用語整理から

ワイヤレス・ディスプレイ

私が初めて聞いたときは、誤表記と思っていましたが、今では、一般な用語になったです。「無線画面出力」のような一般的に、使われている名詞です。

Miracast(ミラキャスト)

Wi-Fi Allianceによって策定された、1対1の無線通信によるディスプレイ伝送技術。Android 4.2 からMiracastに標準対応。Windows 8.1からMiracastに標準対応しました。

WiDi(ワイダイ)

インテルが開発した無線アプリケーション。従来は、専用の受信機が必要でしたが、バージョン3.5にて、Miracast規格に対応したため、特別なハードウェアを準備する必要がなくなりました。

AirPlay

iTunesやiPhone、iPod touch、iPadで再生している音楽や動画、画像を、家庭内のネットワークを経由して他の機器でストリーミング再生する機能です。残念ながら、Miracastと互換性がありません。

必要なハードウェア

デファクトスタンダードPTV3000。発売当初は、不安定でしたが、かなり動作が安定してきました。Android/Windows 8.1で利用できます。無線のみ(Wi-Fi (802.11 a/b/g/n)です。有線端子は、ありません。

NETGEAR PTV3000 Push2TV Miracast(ミラキャスト)対応 ワイヤレス ディスプレイ用テレビアダプター PTV3000-100JPS

HDMIケーブルを別途準備してください。

HORIC ハイスピードHDMIケーブル 1.5m イーサネット 3D 4KX2K解像度 フルHD 対応 金メッキ端子 HDM15-891GD
by カエレバ

参考情報(Apple TV)

Apple製品の場合は、Apple TVがデファクトスタンダードです。詳しくは、「【詳細レビュー】Apple TV(ハードウェア編)」を参照ください。Apple TV(アップル ティーヴィー)は、アップルが提供する受信機です。

PTV3000と違い様々な機能を搭載しており、Apple TV、単体でも動きます。リモコン付。

注意事項

面倒でも、ファームエェアをアップデートしてください。動作するか否かぐらいの差がでる場合もあります。

 PTV3000ファームウェアアップグレード手順(Android編)
   PTV3000 ファームウェアアップグレード手順 (Windows編) WiFi必須

操作方法

PTV3000をディスプレイと接続します。

[TV]-[HDMIケーブル]-[PTV3000]-[USBケーブル]-[電源アダプタ]

しばらく待つと、以下の画面になります。

20131207r37

Windows標準機能ため、統一がとれていました。

[Windows]キーを押しながら+[I]キーをおして設定チャームを表示し、[PC 設定の変更]をクリックします。

20131207r19

[PC とデバイス]をクリックします。

20131207r35

[デバイス]⇒[デバイスを追加する]をクリック

20131207r36

「Push2TV 73C09-PTV3000」クリックします。

20131207r39

PTV3000側に番号が表示されます。

20131207r38

パソコン側で番号を入力します。

20131207r40

以上で終了です。

あとは、お好みで、「同じ画面を出力するか」、「マルチディスプレイ」とするか選択します。

20131207r42

再接続方法

再起動後は、再接続が必要です。[ディスプレイ]⇒[ワイヤレス ディスプレイに接続する]⇒[Push2TV 73C09-PTV3000]と順に行います。

20131207r41

あとは、普通のマルチスクリーンになります。

【Windows 8.1基本操作】プロジェクター表示⇔マルチスクリーン

なども、ぜひ、参照ください。

まとめ

Windows 8.1から標準で、ワイヤレス HDMIをサポートしました。比較的新しい機種の方は、お試しください。

関連URL

   このエントリーをはてなブックマークに追加