「会社にコントロールされる人生」と「自分でコントロールする人生」どちらが良いですか?

永遠のテーマです。以前は、会社の待遇が良かったため、組織で生きることも悪くはなかったです。
※統計的な話で、環境により異なります

今は、サラリーマンもじり貧でどんどん給料が下がる場合が増えています。また、ストレスが多くうつ病になる方も増えています。

そんな方には、まず「山カフェ日記」を読むことをお勧めします。

20150329r15

田舎好きなら田舎暮らしが一番!

学校では学校の都合のいいこと。会社では会社の都合のいいことしか教えてくれません。結局は、自分で考え自分で行動するしかないのです。

ただ、私の生き方は、このような感じです。
先人達の知恵を沢山学び、トレースするような感覚で生きています。

本を読みまくり、人の話を聞きまくるのです。そして出来そうなことを真似るのです。

マネゴト最有力本が「山カフェ日記」

新しいものと古きものを融合させることで、新しい物ができます。

田舎=古臭いやり方 私も、この本を読む前は、そのように思っていましたが違います。

古民家だから掃除が大変で当たり前と思っていました。

本書によると、掃除があまりも大変だったため、見かねた大阪の母が、ロボット掃除機ルンバをプレゼントし、大変な掃除が楽になったそうです。

他にも、面白く為になる話が沢山あります。

ブログも面白そう

ヒビノケイコの日々。人生は自分でデザインする。

ここのブログも面白そうです。今日のタイトルは、ここから思いつきました。私は、コントロールって言葉が好きなのでデザインをコントロールに変えました。

まとめ:都会に疑問を持ったら田舎でしょう!

田舎にずっといると、それが当たり前で、良さに気づきません。田舎を出て初めて地元の良さを知るのです。

逆に、都会から田舎に移民することで新しい発見に出会うことも出来ます。

田舎の良さを語れるのは、移民の特権だと思います。

現在、都心に住んでいれば、必要なのは勇気です。「地域を変えていく新しい力 地域おこし協力隊」に参加しよう!

   このエントリーをはてなブックマークに追加